2020年3月7日のテーマ

3月7日のテーマは、「大学入試のあり方」です。

Nef

筆記試験の結果をベースとしない推薦入試やAO入試が様々な大学で導入されており、昨今で大学入学者全体の44%が推薦入試・AO入試を経て入学しています。(統計値は文部科学省統計「国公私立大学入学者選抜実施状況2017」より)
大学にとっては、一芸に秀でた逸材を学生として迎え入れることができる一方で、基礎学力の確認が行われない中でレベルの見合わない学生が入ってしまう可能性に懸念を覚える声は少なくありません。
また、自らの夢や高い目標に向かって自ら頑張る学生にとっては推薦入試やAO入試は非常に有益な制度である一方で、ただ筆記試験を回避するためにこれら入試選抜に応募することはその学生本人にとっても有意義なことではありません。

NEFでは、ここ十数年で非常に増えてきた推薦入試・AO入試の現状を考察しながら、大学・学生にとって本当に意味のある入学選考のあり方について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on March 7th is “Entrance Examination for Universities and Colleges”.

In these few decades, many Japanese universities and colleges have increased the number of students entering by endorsement based or self-recommendation based screening method.
For schools, such methods are effective for accepting brilliant students with sophisticated skills and motivations who can not be detected in one-shot achievement test.
But on the other hand, admitting students without any achievement test can be a risk for schools to accept unexpected students having insufficient skills.
These merit/demerit balance is true not only to the schools accepting students but also the students entering schools.
For highly motivated students having sophisticated skills and supreme goals, entrance exam without any written test can reduce the burden which can prevent their training for the goals.
But on the other hand, such entrance exam without written test can be an easy option for the students just trying to avoid the insufficiency of their skills or academic achievements.

At our weekly gathering on March 7th, we will exchange our views on the best optimized entrance exams for university and colleges, with case-studying the current situations of school admission policies.

----------

にほんブログ村 英語ブログへ

 

| | コメント (0)

2020年2月29日のテーマ

2月29日のテーマは、「私たちにとっての皇室(王室)とは」です。

Nef

長い日本の歴史において、皇室はその時々の情勢にて日本の社会に様々な形で影響を与える存在であり続けてきました。
そして、戦後に象徴天皇制という形へと変化した後も、日本にとって皇室の存在の大きさを見出す日本人は数多くいます。
一方で、皇族の結婚問題など、皇室報道から垣間見える必ずしも綺麗な話だけではない複雑な色に戸惑う声も少なくありません。

日本以外にもイギリスやベルギーなど皇室に相当する仕組みを持つ国はいくつかありますが、それぞれの国においても事情は似ており、皇室(王室)を誇りとする空気と矛盾に戸惑う空気が共存しています。

これからの現代社会において、皇室(王室)はどのように受け入れられていくべきなのでしょうか。 海外でのケースを参考にしながら、今後の皇室のあり方について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on February 29th is “Now and Future of Royal Family in Our Society”.

In the long Japanese history, the Royal Family has played significant roles in many key milestones.
Still in the modern society under the Constitution of Japan (the 1947 constitution), the Emperor and the Royal Family are playing the role as “the symbol of the state and the unity of Japan.
And, significant number of Japanese people are finding a value as Japanese identity in respecting the Royal Family.
But, at the same time from the media, we sometimes see a kind of a shadow of the Royal Family.

Not only in Japan but also in other countries having royal family system such as the UK or Belgium, we see some similar situations where respects and the hesitations (toward the family) are mixed in their societies.
At our weekly gathering on February 29, we will exchange our views on the ideal form of the Royal Family in our modern society, with studying the cases in other countries having the royal family systems.

----------

にほんブログ村 英語ブログへ

 

| | コメント (0)

2020年2月22日のテーマ

2月22日のテーマは、「職場の行事に参加すべきか」です。

Nef

職場が主催して行う運動会や忘新年会など社内イベントは、従業員同士の懇親を深めて組織の一体感を高める機会としての役割が期待されています。
一方で、半ば強制的に参加させられるなど義務感を感じながらの参加に違和感を感じる人も多く、社内イベントへの参加モチベーションも人によって様々です。

通常の業務から離れた自由な時間での職場の交流活動について、実際開催した企業のアンケート結果などを参照しながらメリットとデメリットを抽出し、職場行事のあり方や各メンバーの実体験などを意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on February 22nd is “Do you want to participate your organization events on holiday ?”.

At our workplace, we have some organization events like new year party. Such convivial parties are expected to be an opportunity for team-building at the workplace.
But, on the other hand, we sometimes have a reluctance toward the “official” organization events driven by a sense of duty.

At our weekly gathering on February 22nd, we will exchange our views on our motivations toward such team-building opportunity, with referring to some statistical surveys on workers’ motivation toward the convivial parties at workplace.

----------

にほんブログ村 英語ブログへ

 

| | コメント (0)

2020年2月15日のテーマ

2月15日のテーマは、「男性の育児休暇」です。

Nef

先日、小泉環境大臣が育児休暇取得を表明しました。小泉氏の育児休暇表明は、若い父親世代の積極的な育児参加のモデルケースとして若い母親世代に支持されています。
男女共同参画の社会において、育児への共同参画もより求められる時代になってきました。
一方で、男女での役割を分けることに一定の理解を示す人々もおり、男性の育児休暇取得への受け止め方は個人や職場においても様々です。

NEFでは、各メンバーの職場での現状などを共有しながら、それぞれの立場から自由に意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on February 15th is “Childcare Leave for Male Workers”.

Recently, Japanese Environment Minister Mr. Koizumi announced his plan to take childcare leave.
Many people especially younger generation welcomed his announcement as a model case encouraging male workers’ childcare leave.
But, on the other hand, some conservative people placing importance on gender-based role assignment have some kind of reluctance toward such childcare leave by male workers. Under the blended atmosphere of expectation and reluctance, it is not always an easy challenge for male worker to get childcare leave opportunity in his workplace.

At our weekly gathering on February 15th, we will exchange our frank opinions on the childcare leave opportunities for male workers, with studying the working environments members have experienced.

----------

にほんブログ村 英語ブログへ

| | コメント (0)

2020年2月8日のテーマ

2月8日のテーマは、「コロナウィルス」です。

Nef

昨年12月に中国武漢で感染者が確認され始めた新型コロナウィルスは、ここ1~2週間で中国国内における感染者が急激に増加するとともに中国以外の数多くの国にも感染が広がる事態に発展し、世界保健機関(WHO)は緊急事態を宣言するまでに至りました。
アジアの隣国として人の往来が非常に多い日本にとっても非常に深刻な事態で、武漢市周辺に住む邦人の保護や、国内での感染拡大の防止など、日本政府や自治体が緊急対応に追われています。
2月1日時点で深刻な感染拡大に至っていない私たちの身の回りにおいても決して楽観できるものではなく、個人レベルでの感染防止対策が求められています。

NEFでは、国内外での新型コロナウィルス感染状況の現状を考察すると共に、この新型感染症を食い止めていくために必要な政府レベル・個人レベルでの取り組みについて意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on February 8th is “Novel Coronavirus Outbreak”.

The novel coronavirus whose infection cases were originally detected in Wuhan, China last December is now getting into the critical epidemic in recent few weeks.
Its situation in China is now getting more serious and its infection is propagating to other countries, as WHO alerted.
For us Japanese and for international society, this novel coronavirus outbreak is not a small concern any more.

At our weekly gathering on February 8, we will catch up with the latest situation of coronavirus outbreak and exchange our views on the necessary measures for preventing this virus outbreak in various levels from governmental level to individual level.

----------

にほんブログ村 英語ブログへ

| | コメント (0)

2020年2月1日のテーマ

2月1日のテーマは、「出生率低下をどう捉えるか?」です。

Nef

日本国内における出生率は、一昨年2018年の人口統計では1.42となり、3年連続での低下となっています。
率としては過去最低であった2005年の1.26を超えているものの、数としては減少の一途をたどっています。

出生率の低下は日本のみならず、お隣の韓国や中国を始め多くの国で同じような傾向に直面していますが、ドイツのように出生率が上昇を続けている国もあり世界的には傾向は様々です。

NEFでは、日頃否定的な側面として捉えられがちば「出生率低下」について中立的な見地からその肯定的/否定的影響を拾い出しながら、この「出生率低下」が私たち社会の中で意味するものについて意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on February 1st is “The Meaning of Low Birth Rate”.

In Japan, the birth rate in 2018 statistics are 1.42, which is consecutive decrease in three years.
While the rate itself is slightly increased from the lowest situation (1.26) in 2005, the number of births in Japan has been continuously decreasing even since then.

This tendency of decreasing birth rate is not only in Japan but also many other countries including our Asian neighbors, China and South Korea.
But, on the other hand, some countries such as Germany are improving the birth rate in recent several years.

At our weekly gathering on February 1st, we will exchange our views on what the low birth rate means in our society, with reviewing the current birth rate situation from the neutral standpoints highlighting its positive/negative aspects.

 

----------

にほんブログ村 英語ブログへ

| | コメント (0)

2020年1月25日のテーマ

1月25日のテーマは、「中国との付き合い方」です。

Nef

昨今の日中関係は一時期の冷え込み時期にくらべてかなり改善されてきており、今年はそんな雪解けムードの中で習近平国家主席の国賓としての訪日が予定されています。
今や世界第二位の経済大国となった中国は、経済の分野はもとより、外交の分野でもアジアの大国としての存在感を増してきています。
一方で、ウイグルや香港をめぐる中国政府の強権的なアプローチや、日本でも各地で見られるようになったチャイナマネーの急激な流入に対して、ある種の違和感を感じる声もあります。
同じアジアの一員である日本は、強大な経済力を背景に政治・外交・軍事などでも力を増す中国と今後どのような関係を築いていくべきなのでしょうか。

NEFでは、経済、外交・軍事、政治、文化など様々な切り口から日中関係を紐解きながら、この国際社会で急激に存在感の増す中国と同じアジアの隣国としての日本がどのような持続的な関係を築いていくべきか多面的なアプローチで意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on January 25th is “Reciprocal Relationship with China”.

The bilateral relationship between Japan and China is getting better in these several years.
In such a good mood, Japanese government is planning to invite the Chinese paramount leader, Xi Jingping, as a national guest this Spring.

While some people are expecting his visit to Japan as a key milestone for new Japan/China era, some other people feel a kind of hesitations to host the leader of Chinese Government taking aggressive stance towards Uighur and Hong Kong.

Not only in politics but also in other fields such as economy and technologies, we feel a complicated mixture of expectation and hesitation in the bilateral relationship between Japan and China.
In these three decades, China has been an important trade partner for Japan. We have cloth connection with each other in economy.
But, in recent several years, we see the situation that the presence of “China Money” is increasing in Japanese society.

At our weekly gathering on January 25th, we will exchange our vies on how we should sustain the reciprocal relationship between Japan and China, with reviewing the current relationship from various aspects including economy, politics, military power, and so on.

 

----------

にほんブログ村 英語ブログへ

| | コメント (0)

2020年1月18日のテーマ

1月18日のテーマは、「2020年を予測する」です。

Nef

いよいよ始まった2020年。 今年は東京オリンピックを始めいろいろなイベントがあります。
また、不安定度を増す東アジアや、緊張高まる中東情勢、混迷を深めるイギリスのEU離脱など、国際社会も2020年に抱える課題は多数あります。
期待と懸念が入り混じりながら始まった2020年はどんな方向に進んでいくのでしょうか。

NEFでは、この2020年に起きるであろう出来事とその影響を考察しながら、2020年の行方を占います。

----------

The topics of weekly gathering on January 18th is “Forecast of 2020”.

We’ve started making our steps in a new year with mixed feeling of excitements and uneasiness.
In 2020, we have some pleasant events such as hosting TOKYO Olympic Games in August.
Not only in Japan but also in the world, we are expected to see some key milestone events such as the Brexit scheduled in January and the US Presidential Election in November.
Now, we can pick up some questions for forecasting the directions where Japan and the world are heading for in 2020. 

  • What is the event you are focusing on as an important milestone in 2020? 
  • What kind of potential impact do you expect the event will cause in Japan or in the world?  Positive impact? or negative impact?
  • If it is negative impact, how can we avoid or minimize the impact for our better future?
 
At our weekly gathering on January 18th, we will forecast the year we’ve just welcomed, with sharing our views on the key milestone events and their potential impacts.

 

----------

にほんブログ村 英語ブログへ

| | コメント (0)

2020年1月11日のテーマ

1月11日のテーマは、「AIと人類の幸せ」です。

Nef

IT技術の進歩にともない人工知能(AI)の技術も急激に進化し、今や医療分野などさまざまな分野で応用されるまでになりました。
本来人間が備えている知的な判断能力を高速な計算能力をもつコンピューターに担わせることにより、より複雑な状況解析や判断を可能にする一方で、その高度化するAIの能力が人間の仕事を奪っていくなど、負の側面を懸念する声も少なくありません。

NEFでは、AIがもたらすメリットとデメリットを検証しながら、AIが人類の幸せにどう貢献しうるのか意見交換します。

※お知らせ:
当日は、2020年度NEF年次総会を開催し、2019年度の会計報告と2020年度の役員選出を行います。 
総会は30分程度で、終了後は通常の例会を開催します。

----------

The topics of weekly gathering on January 11th is “How AI technologies contribute to the happiness of the human being?”.

As well as the outstanding evolution of computer science, artificial intelligence (AI) technologies are significantly evolved in these several years.
Nowadays, AI technologies are applied to various fields in our society, such as medical diagnosis or autonomous driving.
The AI technologies driven by sophisticated machine-learning algorithm and high-performance computing devices are expected to solve many difficult challenges which we’ve never solved by our human brain.
On the other hand, however, we have some kinds of concern or hesitation to accept AI technologies having enormous computation power exceeding human brains.

At our weekly gathering on January 11, we will review the merit/demerit of AI technologies and its social utilization, then exchange our views on how we should utilize AI technologies for the happiness of us Human beings.

(Notice)
Before starting our regular session at the weekly gathering, we will set up the annual session for appointing NEF staff members.
This annual session will take thirty to forty minutes.
Kindly note.

----------

にほんブログ村 英語ブログへ

| | コメント (0)

2019年12月28日のテーマ

12月28日のテーマは、毎年最終回恒例の「今年の10大ニュース」です。

早いもので2019年も終わりを迎えようとしています。  

今年もいろいろな出来事がおきました。
その中で最も印象に残った出来事は何でしたか?
そして、あなたにとって2019年という年はどんな年でしたか?

NEFでは、世界にとって、日本にとって、そして各自にとっての2019年を総括します。

----------

The topics of weekly gathering on December 28th is "the Event of the Year, 2019".

Time flies so fast. 2019 is now coming to the end soon.
Like in the past years, we've seen many events in 2019.
Among those events, which one is the most impressive for you?

We will exchange our views on "the biggest event in 2019" with each other.

----------

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧