« 2018年1月6日のテーマ | トップページ | NEF事前勉強会のお知らせ(2018年1月13日) »

2018年1月13日のテーマ

1月13日のテーマは、「アメリカのエルサレム首都宣言問題」です。

アメリカのトランプ大統領は先日、エルサレムをイスラエルの首都と認めると宣言し、これが世界各国で波紋を呼んでいます。
エルサレムは、ユダヤ教徒のみならずキリスト教徒やイスラム教徒にとっても非常に重要な聖地の1つであり、宗教的な紛争を回避する意味でも、過去のアメリカ大統領はここをイスラエルの首都とみなすことを避けてきました。
今回、トランプ大統領が敢えてその前例を崩し、ユダヤ側の主張通りエルサレムをイスラエル首都と認めたことで、アラブ諸国をはじめイスラム教徒の多い国々で非常に強い反発が起きています。
また、イスラム圏のみならず欧州各国でもこのトランプ宣言の悪影響の深刻さを懸念する声は大きく、国際社会で非常に大きな波紋が広がっています。

NEFでは、トランプ大統領が敢えてこのような宣言を出した背景と、今回の宣言が今後の中東情勢に与える影響について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on January 13th is "US’s Official Recognition of Jerusalem as Israel's Capital".

In December 2017, US President Donald Trump announced his official recognition of Jerusalem as Israel's capital and expressed his intention to move the American embassy to Jerusalem.
This sudden announcement by Trump provoked international arguments and antipathy not only among Muslim countries but also among other countries on the globe.

In these several decades, the previous US presidents have avoided official recognition of Jerusalem as Israel’s capital, because this city is under quite sensitive circumstances from historical and religious standpoints.
But now, Trump has intentionally taken this aggressive stance even at the risk of the negative impact on the geopolitical stability in Middle East.

At our weekly gathering on January 13th, we will exchange our views on the background of Trump’s official recognition and the potential impact of his announcement to the international society especially in Middle East.

----------

|

« 2018年1月6日のテーマ | トップページ | NEF事前勉強会のお知らせ(2018年1月13日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127646/66245412

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年1月13日のテーマ:

« 2018年1月6日のテーマ | トップページ | NEF事前勉強会のお知らせ(2018年1月13日) »