« 2009年8月8日のテーマ | トップページ | 2009年8月15日のテーマ »

NEF徒然草 8

今回は、NEFメンバーがお勧めする英語上達法その3をご紹介します。

NEF流英語上達法 その3  ”本を読もう!”

まず、私たち日本人はどのようにして母国語の日本語を上達させてきたのか考えてみたいと思います。 

私たちはまず両親からの簡単な単語で会話を覚えます。  それがだんだん複雑になり、それなりの意思疎通が図れるようになった頃に小学校に通い始め、「本を読む」訓練をするようになります。 これにより更に複雑な表現が出来るようになるのです。

この「本を読む」という訓練を、英語でも実践してみることは効果的であるとNEFは考えます。
分野は問わず、自分の興味が沸く本を選んで読破してみることをお勧めします。 科学や歴史といった学術的な内容でも、癒しとかリラックス方法といった気軽な内容でもいいと思います。重要なのは、「自分の興味」に近い内容の本を選ぶことです。
また、読み方については、黙読もいいのですが、最初は音読をお勧めします。 声に出して読んでみることにより、口と耳を刺激し、知識の吸収に良いと言われています。

一度実践してみてはいかがでしょうか。

NEFがお勧めする洋書は・・・

ここで、NEFメンバーがお勧めする本の中から何冊かご紹介します。  NEFホームページの「書の泉」では他にも数多くの本を紹介していますので、こちらもご覧ください。

「まずは1冊読破したい!」という方にお勧め
"Who Moved My Cheese?"

【著者】 Spencer Johnson
【出版社】  A Peper Pauer Press

【NEFメンバーの感想】
内容レベル:簡単、   英文レベル:簡単
※これらのレベルはあくまでメンバーの個人的な感想ですので、難易度については個人差がある可能性があります。

7年~8年前に日本でも話題になった「チーズはどこへ消えた?」の原版です。 原文の英語を読んでみるのもお勧めです。かなり平易な文章でボリュームも少ないので、簡単に読めます。

           -----------------------

気楽に読める本をお探しの方(&癒しが欲しい方?)にお勧め
"Forgiveness"

【著者】 Gerald G. Jampolsky
【出版社】  Beyond Words Publishing

【NEFメンバーの感想】
内容レベル:簡単、   英文レベル:簡単
※これらのレベルはあくまでメンバーの個人的な感想ですので、難易度については個人差がある可能性があります。

「癒し」を解説した本です。
怒り、嫉妬といったマイナスの心理を癒し、プラス思考をもたらす手法などについて紹介しています。気楽に読めるので、難しいこと考えずに「とにかく癒されたい」方にお勧めです。

           -----------------------

歴史や社会情勢に興味がある方にお勧め
"America's Reconstruction"

【著者】  Elic Fonter & Olivia Mahoney
【出版社】  Louisiana State University Press

【NEFメンバーの感想】
内容レベル:やや難、   英文レベル:普通
※これらのレベルはあくまでメンバーの個人的な感想ですので、難易度については個人差がある可能性があります。

アメリカの南北戦争前後の黒人と白人の地位関係の変化について解説した本です。
南北戦争当時のアメリカにおいて、人種差別問題を積極的に解消しようとして処刑された白人の存在や、黒人同士の中でも差別があったことなどを知ることができました。
アメリカの人権問題に関する根の深さを理解できる一冊です。

           -----------------------

ビジネスなどに興味がある方にお勧め
"Business @ the Speed of Thought"

【著者】  Bill Gates
【出版社】  Business Plus

【NEFメンバーの感想】
内容レベル:普通、   英文レベル:普通
※これらのレベルはあくまでメンバーの個人的な感想ですので、難易度については個人差がある可能性があります。

マイクロソフトの創業者であるビルゲイツが、コンピュータネットワークを使って情報を共有することの効果を分かりやすく解説しています。
ネットワーク時代においてどう業務革新を図っていくかという彼の考え方は非常に興味深いです。
初版から10年近くが経ちましたが、IT革命の黎明期に彼が考えていたことは、ITが普及した今も新鮮なものがあります。
原点回帰という意味でも今読み返してみる価値がある本です。

           -----------------------

自然科学(特に宇宙)に興味がある方にお勧め
"Beyond Einstein"

【著者】  Michio Kaku
【出版社】  Oxford University Press

【NEFメンバーの感想】
内容レベル:やや難、   英文レベル:普通
※これらのレベルはあくまでメンバーの個人的な感想ですので、難易度については個人差がある可能性があります。

相対性理論から始まり超ひも理論まで、素粒子物理学などの現代物理学史についてわかりやすく解説した本です。
かなり理系な内容ですが、物理学について高校レベルの知識があれば興味深く読める1冊です。

           -----------------------

【お勧めサイト】

他にも、インターネット上にて興味深い洋書を紹介しているブログなどが沢山ありますので、以下のサイトで探してみるのもお勧めします。

"洋書多読で英語学習 タドキストになろう! "
洋書多読の面白さを紹介する”タドキスト”さんのブログ。
いろいろな洋書を読みこなしてみたい方にお勧め。

"洋書ファンクラブ"
アメリカ在住の日本人の方がおすすめする洋書紹介ブログ。
ベストセラーから日本では知られていない掘り出し物まで多数紹介。 
「あらすじ」や「読みやすさ」をはじめ、「アダルト度」まで評価されているので、
あらかじめ内容を把握して洋書探しをしたい方にお勧め。

---

【NEF徒然草リンク】

NEF徒然草9に進む

NEF徒然草7に戻る

|

« 2009年8月8日のテーマ | トップページ | 2009年8月15日のテーマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127646/45804465

この記事へのトラックバック一覧です: NEF徒然草 8:

« 2009年8月8日のテーマ | トップページ | 2009年8月15日のテーマ »