2018年5月26日のテーマ

5月26日のテーマは、「就職活動のあり方」です。

日本国内では、労働市場における慢性的人手不足により、以前に比べると学生に有利な状況が近年続いています。
優秀な学生を確保しにくい状況において、採用する企業側は学生のどのような部分に注目しどのような人材を確保しようとしているのでしょうか。
また、有利とされる学生側は自らのより良い可能性に向けてどのようなアピールをすることが必要なのでしょうか。

NEFでは近年の就職活動(新卒採用)の傾向を検証しながら、採用する側が求める条件と採用される側が備えるべき条件について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on May 26th is “Graduate Labor Market Trends”.

In Japanese labor market, many companies are now suffering from continuous manpower-shortage.
Such situation can be more preferable situation for graduates finding their first job opportunity.
But, for any company surviving in the highly competitive nature of global economy, it is not easy option to hire younger employees without reviewing their potential labor quality.
Under such circumstances, the students searching for job opportunities are required to promote their own potential skills to the companies offering the opportunities.

At our weekly gathering on May 26th, we will review the current situation of graduate labor market and exchange our views on the expectations of job-offer side and the required preparations of job-seeker side.

 

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日のテーマ

5月19日のテーマは、「朝鮮半島情勢」です。

韓国で行われた冬季オリンピックを機に、北朝鮮はそれまでの好戦的態度を変化させ、韓国およびアメリカや中国との距離を急速に縮めています。
この変化に呼応するように、トランプ大統領もそれまでの挑発的言動から一変し、米朝首脳会談に意気込みを見せています。

昨年末までの緊張状態から考えると、現状の融和ムードには違和感を指摘する声さえありますが、この平和的な流れは本物なのでしょうか。
NEFでは、今年に入り激しく変化する米朝・中朝・南北関係の現状を考察するとともに、今後の朝鮮半島情勢の行く末について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on May 19th is “Now and Future of Korean Peninsula”.

After the Winter Olympic Games in Pyeongchang this year, DPRK (North Korea) has calmed down its provocative stance toward the international society, and is now drastically narrowing down the diplomatic distance to South Korea, the US and China.
In response to this positive change of DPRK’s diplomatic stance, the US President Trump has calmed down his pugnacious words toward DPRK and its leader Kim Jong-un, and Trump is now proactively willing to the first historical summit meeting between the US and DPRK to be held in Singapore next month.

If this peaceful breeze recently happened is true, we can expect its great contribution to the denuclearization and the political stabilization in Korean Peninsula.
But, with considering the extreme tension having surrounded DPRK until just a few months ago, we can imagine some skeptic views on this peaceful breeze.

At our weekly gathering on May 19th, we will review the latest update on the diplomatic situations surrounding DPRK, and exchange our views on now and future of Korean Peninsula and East Asia.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEF事前勉強会のお知らせ(2018年5月12日)

来る5月12日、例会開催前の13時から15時でNEF事前勉強会を開催します。
自由なテーマについて各自3分間のスピーチおよび他メンバーとの質疑応答を英語で行います。

これら活動を通して、英語を使ったコミュニケーション力のアップを目指しています。
(初めての方はオブザーバー参加も可能です。)

参加費は500円(NEFの例会にはそのまま参加可能)です。

「英語力をアップしたい」、「英語での発信力を高めたい」とお考えの方、ぜひご参加ください。

----------

初めての方はこちらもクリック

Ahand_4
NEFの活動紹介

Ahand_6
私たちNEFが英語を通して目指すもの

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月12日のテーマ

5月12日のテーマは、「セクシャルハラスメント」です。

昨今、芸能界や行政機関など国内外の様々な場所でセクシャルハラスメントによる不祥事が数多く表沙汰になっています。
また、海外ではセクシャルハラスメントを端に発して今年のノーベル文学賞発表が取りやめになるなど、その不祥事によるインパクトは計り知れません。

芸能界や政府機関などに限らず、私たちの身近な環境でもセクシャルハラスメントは起き得る問題です。
日頃の環境において、周囲にいる人へ不快な感情を抱かせず、お互いが心地よく共存していくためには、私たち個々人はどのような取り組みが必要なのでしょうか。

NEFでは、昨今マスコミで報道されている事例や身近に起きうるケースを検証しながら、セクシャルハラスメントを防止するために個人や社会が必要とする取り組みについて意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on May 12th is “Sexual Harassment”.

Recently, we’ve seen many scandals of sexual harassment not only in Japan but also in other countries.
In Japan, media are repeatedly reporting some scandals by entertainers or a high-level government official
In Europe, the Sweden Academy announced the postpone of Nobel Prize in Literature this year due to the sexual harassment scandal.

Not only in these special circumstances but also in our ordinary environment, we can see the potential cases regarded as sexual harassment.
To eradicate this kind of harassments , how we should respect and consider others?

At our weekly gathering on May 12th, we will investigate some sexual harassment cases recently happened, and exchange our views on how we should eradicate sexual harassment from our society.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月5日のテーマ

5月5日のテーマは、「スマホ中毒」です。

電話だけでなくSNSや電子書籍、スケジュール管理など様々なアプリにより色々なことができるスマートフォンは、かなり多くの人にとって今や欠かせない情報ツールとなっています。
しかしその便利さに依存しすぎ、常時見ていないと気が済まない「スマホ中毒」に陥ってしまう人もいます。

この便利なツールに弄ばれず、このツールを使いこなすにはどのような工夫が必要なのでしょうか。

NEFでは、スマホ中毒の現状を検証しながら、私たちがこの便利なツールを使いこなすための工夫について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on May 5th is “Smartphone Addiction”.

In the modern society, smartphone installing many useful applications is one of the requisite tools for the daily life.
It can be SNS viewer, digital-book, scheduler, ...    It is like a good secretary far beyond just a phone.
Many people rely on this efficient tool in their daily lives.

But, some of them rely too much on smartphone or even get addicted to it.
Such “Smartphone Addiction” is now a new social issue.

At our weekly gathering on May 5th, we will exchange our views on how we should utilize this smart device without being the victim of it.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月28日のテーマ

4月28日のテーマは、「English or Englishes」です。

今や英語は世界の共通言語としての地位を得て、世界各国で使われています。
日本のように英語以外の言語を母国語とする国においては、英語の「ネイティブ」が話題にあがりますが、そもそも「ネイティブ」は非常に曖昧な概念です。
英語を母国語とする国々においても、例えばイギリス育ちの方は、米国英語のネイティブではなく、その逆もそうです。 また、米国育ちの米国英語の話者は、シンガポール英語のネイティブでもありません。 当然、この方は、日本の英語のネイティブでもありません。
様々な英語が誕生している今、英語の正統性を主張する意味はどこにあるのでしょうか。

NEFでは、世界各国で話される英語の現状を検証しながら、世界共通言語のあり方について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on April 28th is “English or Englishes”.

In this world, English is the most common language for our global communication. 
For the people whose mother language is other than English, “native English” sometimes sounds like the best English.
However, this “native English” actually possesses a very ambiguous concept.

Even for the people whose mother language is English, it is quite difficult to define “native English”.
US people are not native speakers of British English.   And, UK people are not native speakers of American English.
It is true to Indian English, Australian English, and many other Englishes.

Those Englishes have their own localized vocabulary cultivated in their own countries.
With considering such diversity of English, our challenge for finding “native English” does not make any sense.

At our weekly gathering on April 28th, we will focus on the nature of language, with considering the current diversity of English in this world.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月21日のテーマ

4月21日のテーマは、「日本国籍取得の条件」です。

日本の社会も国際化が深く浸透し、日本に定住する外国人は珍しい存在ではなくなっています。
このような状況下で帰化などにより「日本人」として生きていきたいと考える外国人も増えていますが、元々移民による成り立ちを持たない日本は国籍取得が難しい国の1つと言われています。
私たちは日本を愛する外国人をどのように受け入れ、戸籍上でどのような処遇をすべきなのでしょうか。

NEFでは、外国人の日本国籍取得の条件について、現状を検証すると共に、今後の国際化の動向も踏まえた国籍取得条件のあり方について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on April 21st is “Requirement Conditions for the Acquisition of Japanese Nationality”.

The rapid internationalization in these several decades provided some changes to our society.
One of such changes is the coexistence with the people coming from overseas.
Nowadays, there are many non-Japanese people who lives in Japan and loves Japan.

However, since Japan is not an immigrant-oriented country, it is not easy challenge for such person to acquire Japanese nationality.
With considering the further internationalization of the society, we may have to improve our immigrant regulations for more appropriate coexistence in the future society.

At our weekly gathering on April 21st, we will exchange our views on how we should maintain our immigration policy, with reviewing the current regulation and its bottleneck in our society.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEF事前勉強会のお知らせ(2018年4月14日)

来る4月14日、例会開催前の13時から15時でNEF事前勉強会を開催します。
自由なテーマについて各自3分間のスピーチおよび他メンバーとの質疑応答を英語で行います。

これら活動を通して、英語を使ったコミュニケーション力のアップを目指しています。
(初めての方はオブザーバー参加も可能です。)

参加費は500円(NEFの例会にはそのまま参加可能)です。

「英語力をアップしたい」、「英語での発信力を高めたい」とお考えの方、ぜひご参加ください。

----------

初めての方はこちらもクリック

Ahand_4
NEFの活動紹介

Ahand_6
私たちNEFが英語を通して目指すもの

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月14日のテーマ

4月14日のテーマは、「日本人と日本文化について」です。

日本文化が世界的に注目され、海外から訪れる数多くの旅行者もそんな日本文化に魅了されています。
一方、日本で日常生活を送る私たちにとって、日々の暮らしの中にある日本文化は徐々に縁遠い存在になりつつあります。
私たちの先人がこの日本で守り続けてきた文化を、私たちは日々の生活の中でどのように守り、育んでいくべきなのでしょうか。

NEFでは、私たち自身の日本文化との関わりを振り返りながら、この魅力ある日本文化を私たち自身がどう育んでいくべきか意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on April 14th is “Japanese People and Japanese Culture”.

Japanese cultures are now attracting the people globally.
And, many tourists coming from overseas enjoy the attractiveness of Japanese cultures.

On the other hand, for us Japanese people, Japanese cultures are now gradually disappearing from our daily lives.
We are unconsciously losing our opportunity to enjoy the attractiveness of our own culture. It is sad situation for us Japanese.
To keep our own culture alive, we need to take actions.
How should we cultivate our own culture in our daily life?
How should we keep the attractiveness of our own culture toward the future.

At our weekly gathering on April 14th, we will review our cultural experiences in our daily lives, and exchange our views on the social and personal challenges required for sustaining our own culture.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月7日のテーマ

4月7日のテーマは、「女性皇族の結婚に係る課題」です。

皇族に生まれた女性が結婚する場合、民間人同士の結婚にはあまりない難しい課題があります。
一方で、皇族であれ民間人であれ、1人の人間として結婚を含めた人生の選択肢を決めることを尊重されるべき点は変わらないという意見もあります。

NEFでは、皇族の女性が一般人男性と結婚する場合の課題について、過去の事例や国外の事例などを参考にしながら意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on April 7th is “Challenges for the Marriage of Princess”.

For any princess born into the Imperial family, it is not so easy to decide her own marriage by herself.
The background situations of affianced husband’s family can sometimes cause a bottleneck for the princess’s decision.

At our weekly gathering on April 7th, we will exchange our views on the potential challenges for the marriage of female imperial family members, with reviewing the past cases in Japan and overseas.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2018年3月31日のテーマ