NEF事前勉強会のお知らせ(2017年8月26日)

来る8月26日、例会(講演会)開催前の13時から15時でNEF事前勉強会を開催します。
自由なテーマについて各自3分間のスピーチおよび他メンバーとの質疑応答を英語で行います。

これら活動を通して、英語を使ったコミュニケーション力のアップを目指しています。
(初めての方はオブザーバー参加も可能です。)

参加費は500円(NEFの例会にはそのまま参加可能)です。

「英語力をアップしたい」、「英語での発信力を高めたい」とお考えの方、ぜひご参加ください。

----------

初めての方はこちらもクリック

Ahand_4
NEFの活動紹介

Ahand_6
私たちNEFが英語を通して目指すもの

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう! 13万アクセス達成!!

名古屋イングリッシュフォーラムのホームページも、おかげさまで96年11月の開設以来の累計アクセス数が13万件を突破したしました。(2017年8月20日)

NEFホームページ

開設以来20年9ヶ月の長きにわたりご愛顧頂きありがとうございます。
心より感謝申し上げます。
この約21年の間で、名古屋イングリッシュフォーラムのウェブサイトもブログやFacebookなども加わり、いろいろな形で成長・進化して参りました。
そしてこれからも、名古屋イングリッシュフォーラム共々、成長・進化して参りたいと思います。

何卒今後とも私ども名古屋イングリッシュフォーラムと、当ウェブサイトをよろしくお願い申し上げます。

名古屋イングリッシュフォーラム メンバー一同

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日のテーマ

8月26日のテーマは、「北朝鮮の脅威について」です。

北朝鮮による度重なるミサイル発射の挑発に対し、アメリカのトランプ大統領も挑発的な言動で応酬し、米朝間の緊張状態が益々エスカレートしています。
北朝鮮が言明したグアムへのミサイル攻撃の可能性について懐疑的な見方がある一方で、急速なミサイル技術の進歩を遂げている状況下での北朝鮮の言動に現実的なリスクを見出す声も大きくなってきました。
実際に北朝鮮がグアムへミサイル攻撃する可能性はどのくらいあるのでしょうか? また、このリスクに対してアメリカはどのような行動に出るのでしょうか?  さらに、この緊張状態の加速の中で国際社会、隣国の韓国、そして日本はどのような立ち位置を踏んでいくことになるのでしょうか。

NEFでは、米朝間の高まる緊張の行く末と、その行く末が国際社会に及ぼす影響について意見交換します。

(NEFからのお願い)
NEFは英語での議論をとおして様々な事象の理解を深める場を目指しており、特定の主張や思想などを支持するものではありません。
以下ガイドラインにあるNEFの趣旨をご理解いた上でご参加頂ければ幸いです。
Ahand_4
NEF参加ガイドライン

----------

The topics of weekly gathering on August 26th is "The Potential Threat of DPRK (North Korea)".

In these several months, DPRK’s provocative attitude is escalated and being a potential threat in East Asia.   This country has repeated to launch ballistic missiles many times and recently announced their plan of missile attack to Guam.   In response to DPRK’s aggressive stance, the US President Trump has accelerated his aggressive stance towards DPRK with strengthening military presence around the Korean Peninsula.
While many people still have skeptic view on DPRK’s announcement, the rapid advancement of DPRK’s missile technology actually reminds us of the potential threat beyond the announcement.

At our weekly gathering on August 26th, we will exchange our views on the potential threat of DPRK, with reviewing the diplomatic stance of key countries such as US, China, South Korea and Japan.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日のテーマ(講演会のお知らせ)

来る8月19日の例会は、6年ぶりに来日するDavid A.G. Johnsonさんをお招きし、
「-Another Change- トランプ大統領がアメリカ社会にもたらしたもの」 と題して講演をしていただきます。

トランプ大統領が就任して以降のこの8か月間、それまでのスタイルとは全く異なるトランプ氏の政治スタイルがアメリカ社会および国際社会に様々な変化をもたらしています。

「変化」を掲げて大統領になったオバマ政権下での変化に着目した前回講演と対比しながら、今回はトランプ政権下で今アメリカで起きている社会変化について講演頂きます。

お楽しみに。

----------

At our weekly gathering on August 19th, we will invite a guest speaker, Mr. David A.G. Johnson Jr., the former president of the Schomburg Corporation, the Schomburg Center for Research in Black Culture, the New York Public Library.

The theme of his speech is "-Another Change- what Trump brought to the US society and the international society".

In his presentation last time, he focused on “Change” the key word of the former President Obama in his first presidential campaign in 2008.    Under the Obama’s presidency, we’ve seen many changes not only in the US but also in the world.
Now, eight years later, we see other new changes under the Trump’s presidency in these eight months.
This time, Mr. Johnson will show us the ongoing changes under the new presidency.

Join us, and enhance your perspective on the global changes the new US leader brings us.

----------

A Brief Profile of Mr. David A.G. Johnson Jr.:
Mr. David A.G. Johnson graduated from Columbia University, School of International Affairs.
He worked for the Mayor's office of the City of New York.    He was the staff of the Institute of International Education (IEE), placement specialist for Foreign Fulbright Program.
Then, he had been on the board of directors of the Schomburg Center, a research division of  the NY Public Library.
As the third career, he is currently a teacher of a high school in New York.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日のテーマ

8月12日のテーマは、「書店の魅力と生き残りについて」です。

「街の本屋さん」は、うず高く積まれた本をいろいろ物色したり、買う前に実際に本を手に取って見たり、新しい本との出会いの場として身近な所で私たちの知的好奇心を満たしてきました。
しかし、そんな従来型書店が、電子書籍の普及による従来書籍の減少やネット取引をベースとするオンライン販売の増加などにより、日本中で減少の一途をたどっています。
そんな苦戦のさなかにある書店は、今後生き残るためにどんな方向を模索し、どんな魅力を発信することが求められているのでしょうか。

NEFでは、従来型書店の魅力を再検証し、新しい流れとの共存を図れる「街の本屋さん」のあり方について模索します。

----------

The topics of weekly gathering on August 12th is "Book Store in Our Society".

“Book store in our neighborhood”, it is an attractive place for many of us to enjoy our intellectual exploration and a fruitful encounter with precious books.
In there, we can see many interesting books and pick up some books to examine before buying them.

Such attractive places in our society are now struggling for survival.   The number of conventional bookstores is continuously decreasing in these ten years, because of the rapid diffusion of E-books and on-line based book retailers
How can conventional bookstores maintain their attractiveness in our society?
And, how should we support for such attractive places in our society?

At our weekly gathering on August 12th, we will exchange our views on the measures for conventional bookstores to keep their attractiveness in our society.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月5日のテーマ

来る8月5日は、English Round Table Kyotoさんとの共催で「World Headline News: Get the news worth knowing」と題したワークショップを開催します。

英語で発信する海外メディアの「World this week」 や「Fashionなど」の情報をスクリーンで見て、英語でのブリーフィングやコメントをとおして、英語で知見を高めるプログラムです。
英語で配信されている海外メディア(フランス24、BBC、CNN、Aljazeera など)の最新ニュースを二本取り上げ、世界の動きを理解し、要約、コメントをし、知見を高めます。

英語で世界に対する視野を高めたい方にお勧めのワークショップです。
ぜひご参加ください。

At our weekly gathering on August 5th, we will have a joint workshop with English Round Table Kyoto, which entitles ”World Headline News: Get the news worth knowing”.

In this workshop, we will pick up two news articles which oversea media have focused on recently, and review the details of these articles by sharing summary, insights, and each member’s opinion .
It should be an interesting exploration satisfying our intellectual curiosity and global perspective beyond the borders.

Join us, meet the world, and shape your idea to the latest.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月29日のテーマ(講演会のお知らせ)

来る7月29日は、名古屋在住で大手航空機メーカーにお勤めのLester Tardifさんをお招きし、「飛行機のトリビア」と題して講演頂きます。

1903年のライト兄弟の初飛行から114年。 この間に飛行機は革命的な進化をとげ、今では旅行客を地球の裏側まで1日で運ぶことまでできるようになりました。

この飛行機の進化に伴い、航空機産業も大きな成長をとげています。
そんな成長産業の一員として活躍されているTardifさんに、飛行機に関する誤解やトリビアを興味深くご紹介頂きます。

お楽しみに。

----------

At our weekly gathering on July 29th, we will invite a guest speaker, Mr. Lester Tardif, who is working for an aerospace manufacturing company.

His speech theme is, "Airplane Myths".

Since the first flight by Wright brothers in 1903, aircraft has evolved significantly and changed our mobility drastically.
Nowadays, aircraft can take us even to the other side of the earth just in a day.
As aircraft evolved, aviation industry has grown up rapidly in these one hundred years.

In his presentation, Mr. Tardif working in aviation industry will show us the interesting world of aircraft and aviation technology.
Join us, and enhance your perspective on the advanced transportation method making our earth smaller.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日のテーマ

7月22日のテーマは、「理想的な配偶者の条件」です。

かつては3高、いまは4低など、理想的パートナーの条件についていろいろな言葉を耳にすることがありますが、パートナーへ求める条件は個人によっても様々です。
性格、学歴、収入、身長、ルックス、お金の使い方など、パートナーに求める条件として様々な物差しが取り上げられていますが、あなたはどのような物差しを重視し、何を望みますか?

NEFでは、各自がパートナーに求める条件について、自由に語り合います。

----------

The topics of weekly gathering on July 22nd is "Requirement for Your Partner".

"Choosing my partner in my life" is not easy question for anyone.
Wealth, intelligence, personality, appearance, ...  There are so many scales for evaluating the potential partner.
Which scale do you think is the most important for you to choose your partner?
And, in that scale, what do you expect from your partner?

In our weekly gathering on July 22nd, we will exchange our frank opinions on the requirement for the partner in life.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日のテーマ

7月15日のテーマは、「大学キャンパスの立地は、郊外がよいか街中がよいか」です。

80年代以降、数多くの大学が広いキャンパスを求めて郊外に移転しましたが、ここ数年はその潮目が変わり、利便性を求めて都心キャンパスへの回帰を進める大学が出てきました。
この傾向はここ名古屋周辺でも見られ、郊外にキャンパスを持っていたいくつかの私立大学が都心にキャンパスを移しています。

郊外の緑豊かでもの静かな環境は、落ち着いて勉学に励む上で最適という声がある一方で、変化のスピードが非常に早くなった時代においては利便性の高さが重要という意見もあります。
大学生が充実した学校生活を送る上で、キャンパス立地は郊外型あるいは都心型のどちらがより良いのでしょうか。

NEFでは、郊外型キャンパス・都心型キャンパスそれぞれのメリット・デメリットを整理しながら、今後の大学立地のあり方について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on July 15th is "Ideal Location for University Campus".

For several decades since 1980s, many Japanese universities had moved their campuses to suburban area, so that they can establish their academic environments in calm and extensive grands.
But, recently in Japan, we see this tendency is now heading toward a slightly different direction.
Some universities have moved their campuses back to urban area or have opened new campuses in urban area, so that they can provide students an academic environment at a convenient place.
We see such campus relocation of some universities also in Nagoya area.

“Calm or Convenient”, it is a hard question for universities or higher education institutes considering relocation.

At our weekly gathering, we will exchange our views on the ideal location for university campus, with reviewing the merit and demerit of urban area and suburban area.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月8日のテーマ

7月8日のテーマは、「受動喫煙防止に向けた規制のあり方」です。

喫煙による煙を喫煙者周囲の人が吸引してしまう「受動喫煙」は、非喫煙者にも健康被害を与えうる深刻な社会問題です。
この受動喫煙を防止する取り組みは海外では進んでおり、フランスなど公共の場所での喫煙を禁止する国がある一方で、日本国内では受動喫煙を防止する法整備はあまり進んでいないのが実態です。

分煙などの取り組みはあるものの、その分煙による効果は科学的にも疑問視されており、より積極的な規制を求める声は数多くあります。
一方で、飲食店などの接客業においては一部の顧客を拒否することにもなるため、より厳しい受動喫煙防止規制の導入に躊躇する声も少なくありません。

NEFでは、受動喫煙の実態を検証するとともに、非喫煙者の健康被害をなくすために必要な取り組みについて意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on July 8th is "Passive Smoking Restriction ".

The inhalation of other person’s tobacco smoke, so called "Passive smoking", is a serious problem in the modern society all around the world.
In some advanced countries like France, the governments apply strict rules for the elimination of passive smoking, such as ban on smoking in indoor public space.
On the other hand, however, our regulation in Japan is not so strict yet.

Many people, especially non-smokers, feel that more strict regulations of smoking ban are necessary for more effective prevention of passive smoking.
But, many business owners, especially in service industries, are hesitating to accept such strict regulations which can potentially reject some customers.

At our weekly gathering on July 8th, we will exchange our views on how we should prevent passive smoking in our society, with reviewing the current situation of passive smoking restrictions in Japan and in the world.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2017年7月1日のテーマ