2017年4月1日のテーマ

4月1日のテーマは、「ふるさと納税について」です。

任意の地方自治体への寄付行為により税額控除が受けられる「ふるさと納税」制度は、2008年に導入されて以来、10年近くが経過しました。
過疎化や人口減少が深刻で財政難にあえぐ地方自治体にとって、都市部居住者からの寄付金収入は財源確保とその地方の活性化につながるという声がある一方で、この制度は地方自治体による返礼品の過当競争など社会的な弊害も生んでいます。

NEFでは、地方自治体の財政的安定性や地方の活性化のあり方も踏まえながら、「ふるさと納税」制度の現状を検証します。

----------

The topics of weekly gathering on April 1st is "Hometown Tax".

In Japan, we have a special tax system, so called “Hometown Tax”, which allows taxpayers to offer financial contribution to municipalities in other area, in return for the credit from residential tax burden in their own area.
For almost ten years since this system introduction in 2008, this tax system has provided additional financial resources to local municipalities (especially in rural area) suffering from continuous decrease of tax revenue.
But, at the same time, this system has created some negative side-effects such as excessive competition of gifts promotions (for attracting taxpayers).

At our weekly gathering on April 1st, we will exchange our views on good and bad aspects of this special taxation, with considering the financial sustainability of local municipalities.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日のテーマ

3月25日のテーマは、「赤ちゃんポストの是非」です。

親側の止むに止まれぬ事情により育てられない新生児を救済するため、匿名の新生児受け入れ施設「赤ちゃんポスト」が日本で始めて2007年に熊本の病院で設置されました。
以来10年に亘り、この病院では匿名で新生児を受け入れてきました。

この「赤ちゃんポスト」が、望まない妊娠により生まれた新生児を殺害や育児放棄などから守る役割を果たしているとする声がある一方で、匿名により親側の無責任な新生児放棄を助長しかねないという懸念も根強くあり、賛否について意見が分かれています。

NEFでは、匿名ではなく親の合意に基づく特別養子縁組など類似制度との比較も交え、この「赤ちゃんポスト」の是非について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on March 25th is "Baby Hatch".

In 2007, a hospital in Kumamoto prefecture firstly established “Baby Hatch” to save the babies born from unwanted pregnancy.
For ten years since then, this hospital has accepted the babies abandoned by unknown parents.

We can say that this system plays a social role of saving abandoned babies.   But, at the same time, we can say that this system accepting anonymous baby abandonment can be an easy escape for irresponsible parents.

At our weekly gathering on March 25th, we will exchange our views on “Baby Hatch”, with considering the happiness of the babies and the morality of the parents.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日のテーマ

3月18日のテーマは、「健康保険制度改革」です。

日本では、国民皆保険制度を通して国民全員が公的医療制度で保障され、誰もが安い医療費で高度な医療を受けられる制度を維持してきました。

しかし、社会の高齢化が急速に進み、医療費支出が増えていく状況下において、この保険制度の財政的破綻を危惧する声は少なくありません。

NEFでは、高齢化社会において国民皆保険制度を維持していくために必要な施策について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on March 18th is " Healthcare Insurance System Reform".

In Japan, we have a universal healthcare insurance system which provides all the permanent residents the same level of medical care availability at lower cost, regardless of their income or financial situations.

For several decades after the war, this system has worked well.   But, the increase of medical expense caused by the society aging is now degrading its fiscal balance between income and expense.   And, such degradation is going to be a bottleneck for keeping the sustainability of this universal healthcare insurance system in Japan.

At our weekly gathering on March 18th, we will exchange our views on how we should maintain this universal healthcare system under the acceleration of society aging.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEF事前勉強会のお知らせ(2017年3月11日)

来る3月11日、例会(講演会)開催前の13時から15時でNEF事前勉強会を開催します。
自由なテーマについて各自3分間のスピーチおよび他メンバーとの質疑応答を英語で行います。

これら活動を通して、英語を使ったコミュニケーション力のアップを目指しています。
(初めての方はオブザーバー参加も可能です。)

参加費は500円(NEFの例会にはそのまま参加可能)です。

「英語力をアップしたい」、「英語での発信力を高めたい」とお考えの方、ぜひご参加ください。

----------

初めての方はこちらもクリック

Ahand_4
NEFの活動紹介

Ahand_6
私たちNEFが英語を通して目指すもの

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日のテーマ

3月11日のテーマは、「中国の軍事力強大化は世界にとって何を意味するか?」です。

中国は近年、空母を始めとした海軍力の増強など軍事力を強化しています。
この中国による軍事力の強大化を背景とした海洋進出は、東シナ海や南シナ海を挟んで隣接するアジア周辺国にとっては、脅威となり得る地政学リスクとなってきています。
また、アジア諸国のみならず、、東アジア地域に軍事的プレゼンスを維持するアメリカにとっても深刻な事象として捉えられています。

NEFでは、トランプ政権にて政策顧問を務めるピーター・ナバロ氏の著書「Crouching Tiger: What China's Militarism Means for the World」を参考にしながら、以下の観点から今後の東アジア情勢を考察します。

  1. 中国の軍事力強化の背景は何か?
  2. アジアの周辺国はアメリカの軍事的プレゼンスにどの程度の抑止力を期待できるのか?
  3. 東シナ海および南シナ海における安全な航行の自由を誰が担保すべきなのか?
  4. アジア地域の地政学的安定のため、日本はアジア各国とどのように協調していくべきか?

関連リンク:    "Crouching Tiger: What China's Militarism Means for the World" (Amazon)

----------

The topics of weekly gathering on March 11th is " What does China’s Militarism mean for the World?".

In a book “Crouching Tiger: What China's Militarism Means for the World”, its author Dr. Peter Navarro, who is President Trump's chief trade advisor, analyzed the military balance and geopolitical situations in East Asia.

The rising military power of China is now a potential concern of geopolitical risk for neighboring countries in East Asia and Southeast Asia.
And, besides neighboring countries in Asia, the United States keeping its military presence in this region also concerned about this geopolitical uncertainty potentially caused by the new superpower.

At our weekly gathering on March 11th, we will exchange our views on the following points, with referring to Dr. Peter Navarro’s analysis in his book.

  1. What’s behind a rising China’s militarism?
  2. Could Japan and other Asian countries expect US to be committed to the matters in Asia?
  3. Who should be responsible for free navigation in the South and East China Sea?
  4. How should Japan cooperate with other Asian countries to assure peace and security in Asia?

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月4日のテーマ

3月4日のテーマは、「承諾や令状なくGPSを犯罪捜査に使用することの是非」です。

警察が捜査対象者の承諾や裁判所の令状なしにGPSを追跡捜査に使用したことについて、最高裁判所にてその違法性が争われています。

正確な位置情報を把握できるGPSは、犯罪者の迅速な検挙には有効だとして早い捜査段階からの使用を肯定する意見がある一方で、捜査対象者のプライバシーなどを考慮する必要性からその積極的使用に慎重な意見も少なくありません。

NEFでは、犯罪捜査におけるプライバシー保護のあり方を考えながら、捜査ツールとしてのGPSの適正な使用方法について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on March 4th is "Appropriate Use of GPS Devices for Criminal Investigation".

In our society, GPS device is a very convenient tool for specifying the current location precisely.
This convenient tool is now applied to criminal investigation.   The accurate traceability of GPS application allows police and investigative authorities to grasp suspect’s location in real time.
It can be effective for improving efficiency of criminal investigation.   But, at the same time, its high-level traceability can invade the privacy of innocent persons.

At our weekly gathering on March 4th, we will exchange our views on the appropriate use of GPS devices for criminal investigation, with considering the balance between investigation efficiency and privacy protection.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEF事前勉強会のお知らせ(2017年2月25日)

来る2月25日、例会(講演会)開催前の13時から15時でNEF事前勉強会を開催します。
自由なテーマについて各自3分間のスピーチおよび他メンバーとの質疑応答を英語で行います。

これら活動を通して、英語を使ったコミュニケーション力のアップを目指しています。
(初めての方はオブザーバー参加も可能です。)

参加費は500円(NEFの例会にはそのまま参加可能)です。

「英語力をアップしたい」、「英語での発信力を高めたい」とお考えの方、ぜひご参加ください。

----------

初めての方はこちらもクリック

Ahand_4
NEFの活動紹介

Ahand_6
私たちNEFが英語を通して目指すもの

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日のテーマ

2月25日のテーマは、「Eureka:人生とって最も大切なこと」です。

「Eureka!(分かったぞ!)」古代ギリシャの数学者アルキメデスは、大きな科学的発見をしたとき、こう叫んだと言われています。
アルキメデスの大発見ほどではないにしても、私たちは人生の中でいろいろな経験を通していろいろな発見をし、価値観を形成してきました。

そして今、私たちはそれぞれの価値観を大切にしてこの瞬間を生きています。

NEFでは、それぞれの人生において発見した価値観を共有しながら、人生にとって最も大切なことについて意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on February 25th is "EUREKA:  The Most Important Discovery in Your Life ".

”Eureka! (I’ve found it!)”, an ancient Greek mathematician, Archimedes, had proclaimed like that way in his big scientific discovery.
While it might not be so big as the ones Archimedes had found, we have experienced many discoveries in our lives.   And, such discoveries in our own lives constitute the life values of ours, or even become important turning-points in our lives.

Now, there are some questions here.

  • What is the most meaningful discovery for your own life value?
  • What is the most important value of your own life?

At our weekly gathering on February 25th, we will share our own experiences of discovery or turning point, and exchange our views on important points of our own life values.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日のテーマ

2月18日のテーマは、「忘れられる権利」です。

「人の噂も七十五日」という言葉があるように、今までの人間社会の中では人々の薄れる記憶の中で過去の不都合な事実などが忘れ去られることができました。
しかし、コンピューターネットワークが社会生活に深く浸透した現代社会においては、電子的な記憶媒体の永続性がこの「忘れ去られる」ことを難しくしています。

社会の中で誰もが前向きに生きていくために、過去の不都合な事実を「忘れ去られる」権利を持つと考える声がある一方で、発信源が複雑多岐にわたる現代の情報ネットワークにおいて情報を削除することの難しさを指摘する声もあります。

NEFでは、電子記憶媒体が台頭する現代社会において「過去のプライバシー」をどう扱うべきなのか意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on February 18th is "The Right To Be Forgotten".

In the conventional society purely based on human network, the forgetfulness of our human brain helped us to have a social mechanism of erasing our bad memory (such as inconvenient privacy) from our community.
But, in the modern society highly based on computer network, the information electrically stored in the network are now preventing our ability to wash our bad memory away from our community.

Under such circumstances, a new concept of human rights so called “the right to be forgotten” or “the right to erase” is recently being focused on in the society.
This concept can be a help for the persons who are suffering from their own inconvenient privacy being scattered in the computer network.
But, this concept requires a delicate balance between two different human rights, freedom of expression and protection of privacy.

At our weekly gathering on February 18th, we will exchange our views on this new concept of human rights, with considering the balance between expression and privacy.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日のテーマ(講演会のお知らせ)

来る2月11日は南山大学にて教鞭を執られている八木エドワードさんをお招きし、「21世紀に日本の大学入学試験制度が乗り越えるべき課題」と題して講演頂きます。

20世紀後半、日本の大学は主要科目の筆記試験を主体とした画一的な選抜方式により優秀な学生の確保に努めてきました。
戦後の高度成長期を支える原動力として基礎学力を備えた人材が必要だった時代には、この大学入試制度は有効なものでしたが、21世紀に入り価値観の多様化が加速する中で、優秀な人材を受け入れるための仕組みとしては有効性が発揮できなくなってきました。

日本の大学に身を置くエドワードさんが、現状の日本における大学入試制度の問題点について鋭く切り込みます。
お楽しみに。

----------

At our weekly gathering on February 11th, we will invite a guest speaker, Dr. Edward YAGI, who is a professor of Nanzan University.

His speech theme is, "Japan's University Entrance Examination System:  OK for the 20th Century; Not So Much for the 21st".

In Japan, most universities adopt paper-based test on major subjects for entrance examination.
In the 20th century, this examination system was useful for screening good students who can contribute in the uniform value society.
But, in the 21st century, this system is now losing its effectiveness of screening good students who can contribute in the diversified value society.

In his presentation, he will show us the challenges required for Japanese universities now.

Join us, and enhance your perspective on the academic education in Japan.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2017年2月4日のテーマ