2017年5月27日のテーマ

5月27日のテーマは、「大麻合法化の是非」です。

大麻は日本国内では規制薬物に指定されており、国内での使用が法的に禁止されていますが、海外では国や地域によっては合法と認められている所もあり、国内での大麻合法化を主張する声があります。

「他の規制薬物に比べて薬物依存などの危険性が少ない」という科学的見解を根拠にして合法化を推す声がある一方で、その科学的見解の正当性を疑う声や、仮に合法化した場合に他の違法薬物使用のきっかけを作る危険性などを心配する声は少なくありません。

NEFでは、大麻使用を合法化する場合の社会への影響を考察しながら、大麻合法化の是非について意見交換します。

 

(NEFからのお願い)
NEFは英語での議論をとおして様々な事象の理解を深める場を目指しており、特定の主張や思想などを支持するものではありません。
以下ガイドラインにあるNEFの趣旨をご理解いた上でご参加頂ければ幸いです。
Ahand_4
NEF参加ガイドライン

 

----------

The topics of weekly gathering on May 27th is "Legalization of Marijuana"

In Japanese law, marijuana (or known as cannabis) is defined as an illegal drug.   But, in the world, its legality situation is quite different depending on the country.
In Netherland or some states in the US, using marijuana is NOT illegal.  On the other hand, there are some countries applying quite strict penalties (even death penalty) to the use or possession of marijuana.

As we see a huge variety of legal regulations for the use of marijuana in the world, we see a huge variety of pubic opinions for the usage of marijuana in Japan.
Some people are insisting the rightfulness of its legalization by referring to some scientific evidence showing low risk of marijuana.
But on the other hand, many people have negative opinions to its legalization, coming from their skeptic views on the scientific evidence or their concerns about the negative side-effect in the society.

At our weekly gathering on May 27th, we will exchange our views on the legalization of marijuana in pros/cons style discussion, with reviewing its potential impact from medical standpoint and social standpoint.

 

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日のテーマ

5月20日のテーマは、「トランプ政権と東アジア情勢」です。

トランプ政権発足後、アメリカの外交姿勢の変化が国際情勢に様々な影響を与えていますが、私たちを取り巻く東アジアもそんな影響を受けている地域の1つと言えます。
特に、北朝鮮への軍事介入も辞さないスタンスをとりながら中国に外交的イニシアチブを促すトランプ政権の姿勢が、朝鮮半島情勢を一層複雑なものにしています。

今後、トランプ政権の下でアメリカの東アジア外交はどのような方向へ進んでいくのでしょうか。
また、アメリカの外交姿勢の変化により不透明さを増す朝鮮半島情勢について、当事国である韓国・北朝鮮を始め、中国や日本などの周辺国はどのような外交努力を求められることになるのでしょうか。

NEFでは、朝鮮半島情勢を中心に現状を考察しながら、トランプ政権がもたらす東アジアの外交情勢について意見交換します。

 

(NEFからのお願い)
NEFは英語での議論をとおして様々な事象の理解を深める場を目指しており、特定の政治思想などを支持するものではありません。
以下ガイドラインにあるNEFの趣旨をご理解いた上でご参加頂ければ幸いです。
Ahand_4
NEF参加ガイドライン

 

----------

The topics of weekly gathering on May 20th is "Geopolitical Situation of Korea, and Trump’s 100 Days"

Under Trump administration, the diplomatic stance of the United States has changed in many regions around the world.   And such differences of US’s diplomacy are now changing geopolitical situations in those regions.
Now, East Asia is one of such regions.   His aggressive style with suggesting military presence is now creating geopolitical uncertainties in and around the Korean Peninsula.

At our weekly gathering on May 20th, we will exchange our views on the geopolitical situations of Korean Peninsula and East Asia, with focusing on the following questions.

  1. What kind of difference is Trump now making in his diplomatic stance toward East Asia?
  2. What kind of diplomatic initiative can we expect from China for the geopolitical stability of East Asia?
  3. What kind of efforts is Japan now expected to take for the peace of East Asia?

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEF事前勉強会のお知らせ(2017年5月13日)

来る5月13日、例会(講演会)開催前の13時から15時でNEF事前勉強会を開催します。
自由なテーマについて各自3分間のスピーチおよび他メンバーとの質疑応答を英語で行います。

これら活動を通して、英語を使ったコミュニケーション力のアップを目指しています。
(初めての方はオブザーバー参加も可能です。)

参加費は500円(NEFの例会にはそのまま参加可能)です。

「英語力をアップしたい」、「英語での発信力を高めたい」とお考えの方、ぜひご参加ください。

----------

初めての方はこちらもクリック

Ahand_4
NEFの活動紹介

Ahand_6
私たちNEFが英語を通して目指すもの

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日のテーマ

5月13日のテーマは、「トランプ政権の100日の総括」です。

先日4月29日に、トランプ氏のアメリカ大統領就任後100日が経過しました。
この100日の間で、TPP離脱などの公約を実現してきましたが、一部の大統領令や法案には司法や議会によるストップがかかるなど公約通りの政策運営とはなっていない点もあります。
また、外交に関してはしたたかな交渉手腕を垣間見せる部分がある一方で、トランプ氏の予測のつかない動きが中東や東アジアでの地政学的不安定感を助長していると見る向きもあります。

この型破りな大統領により、この100日でどのような変化がもたらされたのでしょうか。 また、この型破りな大統領が率いるアメリカは、今後どのような方向に進んでいくのでしょうか。
NEFでは、トランプ政権発足後100日を総括するととに、トランプ大統領が率いるアメリカが今後どのような方向に進んでいくのか意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on May 13th is "The First One Hundred Days under Trump Administration"

One hundred days have passed since Donald Trump’s inauguration of the US President on January 20th.
In these one hundred days, he has taken some immediate actions for his campaign promises such as the withdrawal from TPP (Trans-Pacific Partnership) negotiations.
But, at the same time, he does not always have his own way for some other domestic promises such as welfare and immigration policy.

Not only domestically in the US but also internationally in the world, his style of Presidency is now provoking some fluctuations of geopolitical situations in Middle East or East Asia.

At our weekly gathering on May 13th, we will evaluate these one hundred days of Trump’s Presidency, and exchange our views on the direction where this unconventional President will lead his country to.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月6日のテーマ

5月6日の例会のテーマは、「EUの将来について」です。

イギリスのEU離脱決定を契機にして、EU加盟各国ではEUとの関係を見直す動きが活発になってきました。
主要加盟国であるフランスではEU離脱を視野に入れた候補が大統領選挙の決選投票に勝ち進むなど、加盟各国でEUとの距離を置く声が台頭してきています。
一方で、各国が寄り合うことで巨大な経済圏を形成しながら経済のグローバル化の中でその影響力を享受してきたことも事実で、各国の世論としてはEUからの離脱が招く悪影響を懸念する声も非常に多くあります。
今後、EU加盟各国はこの分岐点にどのような判断を下していくのでしょうか。 また、それによりEUはどのような方向へ向かっていくのでしょうか。

NEFでは、EU各国が抱えている現状を検証しながら、今後のEUの行方について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on May 6th is "The Future of EU (European Union)"

For more than six decades since the original launch of ECSC in 1952, EU has grown up to a big economic and political integration containing 28 countries in Europe.
But, recently, EU is now coming to a potential turning point.

The UK’s decision for Brexit (withdrawal from EU) is now accelerating skeptic views on the participation to EU, not only in UK but also in many other European countries such as France and Germany.
In those countries, people’s frustration against heavy burden under EU gains political power to support nationalism.
But, on the other hand, many people are concerned about the negative impact of throwing away the merit they’ve earned under the umbrella of EU.

At our weekly gathering on May 6th, we will exchange our views on the future of EU, with reviewing the current status of EU membership countries.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月29日のテーマ

4月29日のテーマは、「私の好きな格言」です。

世の中には様々な格言がありますが、その格言が時には戒めとなり、時には励ましとなり、私たちの人生において助けになることも多々あります。
あなたは、どんな格言が好きですか? またその格言はあなたの人生にどのような示唆を与えてくれていますか?

NEFでは、格言から得た経験なども踏まえながら、各メンバーの好きな格言について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on April 29th is "My Favorite Aphorism".

In this world, our predecessors had created enormous number of aphorisms in many different languages.
In our life, those aphorisms sometimes give us suggestions or encouragement in good times or bad times.
Now, NEF will focus on such suggestive or helpful aphorisms for our lives.

At our weekly gathering on April 29th, we will exchange our favorite aphorisms, with sharing each member’s experience of suggestions or encouragement gotten from the aphorism.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEF事前勉強会のお知らせ(2017年4月22日)

来る4月22日、例会(講演会)開催前の13時から15時でNEF事前勉強会を開催します。

今回は、音声付き日経新聞英語版の記事を使って、経済ニュースを読み、聴き、そして話す力も養成します。
豊富な海外経験を持ち英語教育にも造詣が深いメンバーが、効果的な会話力上達のコツも紹介しながら、実践的なトレーニングを楽しく進めていきます。
ビジネスで使えるような英語を身につけたい方にオススメの、実践的な勉強会です。

NEFに参加経験のある方はもちろんのこと、初めての方も大歓迎です。
更なる英語力の飛躍を目指している方、ぜひご参加ください!

↓↓ 詳しくはこちら ↓↓
英語インジャパンWebへ

----------

初めての方はこちらもクリック

Ahand_4
NEFの活動紹介

Ahand_6
私たちNEFが英語を通して目指すもの

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日のテーマ

4月22日のテーマは、「東芝資産の売却先」です。

東芝は、経営再建策の一つとして、半導体事業など主力事業の売却を発表しました。
フラッシュメモリー分野で高いシェアを誇る東芝の半導体事業には、台湾や韓国の企業が買収に名乗りを上げています。
他の日本企業が東芝を救うことに躊躇する一方で、高度な技術やノウハウが外国企業に流れることによる懸念を心配する声は少なくありません。
また、半導体事業の主力工場が立地するこの東海地方において、この半導体事業の売却先が地域経済に与える影響を心配する声が数多くあります。

NEFでは、東芝の半導体事業をはじめとした事業資産の売却の行方を検証するとともに、その売却が与え得る影響について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on April 22nd is "Sell-offs of TOSHIBA’s Key Business".

A Japanese electronics giant, TOSHIBA, is now considering to sell its major stake such as flash memory operations, in order to cover its enormous loss in nuclear business.

Since TOSHIBA’s flash-memory operations has many sophisticated technologies and know-hows, many electronics manufacturers in overseas expressed positive response to such acquisition.
But, since TOSHIBA’s flash-memory business used to be a key player in Japanese semiconductor industry, many Japanese are concerned about the potential side-effect (of this business acquisition by a foreign company) such as leakage of technologies or know-hows to overseas.
Furthermore, since the main factory of TOSHIBA’s flash-memory operations is located in a part of Nagoya area, such negative impact can be a big concern for the economy in Nagoya area.

At our weekly gathering on April 22nd, we will exchange our views of the potential impact of TOSHIBA’s selling its flash-memory business, with considering the expected buyers of that business.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日のテーマ

4月15日のテーマは 、「AI(人工知能)は人間の敵か味方か」 です。

情報解析技術の進歩により人工知能も急速に発達し、今では囲碁などの高度な知的ゲームでも人間を凌駕するほどの能力を持つに至っています。
この進歩により、人工知能を有する装置が危険な作業や過酷な作業を肩代わりしてくれる可能性を期待する声は少なくありません。
一方で、人間を遥かに凌ぐ解析能力を持つ人工知能がオフィスワークなど知的労働者の職を奪っていく可能性を懸念する声も少なくありません。

NEFでは、高度に発達した人工知能と私たち人間がどのように付き合っていけばよいか意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on April 15th is "Merit and Demerit of Artificial Intelligence".

High speed innovation of information technology is now accelerating the evolution of AI (Artificial Intelligence).
And, the capability of AI is going to outstrip the capability of our human beings.    For example, AI software defeats some world champions in Chess or Go tournaments.

The practical application of AI is now expected to play social roles such as a labor force in dangerous or severe conditions.
On the other hand, however, its overwhelming capability can cause social side-effect such as expelling human labor force especially in intellectual work.

At our weekly gathering on April 15th, we will exchange our views on the merit and demerit we can obtain from the practical application of AI.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEF事前勉強会のお知らせ(2017年4月8日)

来る4月8日、例会(講演会)開催前の13時から15時でNEF事前勉強会を開催します。
自由なテーマについて各自3分間のスピーチおよび他メンバーとの質疑応答を英語で行います。

これら活動を通して、英語を使ったコミュニケーション力のアップを目指しています。
(初めての方はオブザーバー参加も可能です。)

参加費は500円(NEFの例会にはそのまま参加可能)です。

「英語力をアップしたい」、「英語での発信力を高めたい」とお考えの方、ぜひご参加ください。

----------

初めての方はこちらもクリック

Ahand_4
NEFの活動紹介

Ahand_6
私たちNEFが英語を通して目指すもの

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2017年4月8日のテーマ