2017年3月4日のテーマ

3月4日のテーマは、「承諾や令状なくGPSを犯罪捜査に使用することの是非」です。

警察が捜査対象者の承諾や裁判所の令状なしにGPSを追跡捜査に使用したことについて、最高裁判所にてその違法性が争われています。

正確な位置情報を把握できるGPSは、犯罪者の迅速な検挙には有効だとして早い捜査段階からの使用を肯定する意見がある一方で、捜査対象者のプライバシーなどを考慮する必要性からその積極的使用に慎重な意見も少なくありません。

NEFでは、犯罪捜査におけるプライバシー保護のあり方を考えながら、捜査ツールとしてのGPSの適正な使用方法について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on March 4th is "Appropriate Use of GPS Devices for Criminal Investigation".

In our society, GPS device is a very convenient tool for specifying the current location precisely.
This convenient tool is now applied to criminal investigation.   The accurate traceability of GPS application allows police and investigative authorities to grasp suspect’s location in real time.
It can be effective for improving efficiency of criminal investigation.   But, at the same time, its high-level traceability can invade the privacy of innocent persons.

At our weekly gathering on March 4th, we will exchange our views on the appropriate use of GPS devices for criminal investigation, with considering the balance between investigation efficiency and privacy protection.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEF事前勉強会のお知らせ(2017年2月25日)

来る2月25日、例会(講演会)開催前の13時から15時でNEF事前勉強会を開催します。
自由なテーマについて各自3分間のスピーチおよび他メンバーとの質疑応答を英語で行います。

これら活動を通して、英語を使ったコミュニケーション力のアップを目指しています。
(初めての方はオブザーバー参加も可能です。)

参加費は500円(NEFの例会にはそのまま参加可能)です。

「英語力をアップしたい」、「英語での発信力を高めたい」とお考えの方、ぜひご参加ください。

----------

初めての方はこちらもクリック

Ahand_4
NEFの活動紹介

Ahand_6
私たちNEFが英語を通して目指すもの

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日のテーマ

2月25日のテーマは、「Eureka:人生とって最も大切なこと」です。

「Eureka!(分かったぞ!)」古代ギリシャの数学者アルキメデスは、大きな科学的発見をしたとき、こう叫んだと言われています。
アルキメデスの大発見ほどではないにしても、私たちは人生の中でいろいろな経験を通していろいろな発見をし、価値観を形成してきました。

そして今、私たちはそれぞれの価値観を大切にしてこの瞬間を生きています。

NEFでは、それぞれの人生において発見した価値観を共有しながら、人生にとって最も大切なことについて意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on February 25th is "EUREKA:  The Most Important Discovery in Your Life ".

”Eureka! (I’ve found it!)”, an ancient Greek mathematician, Archimedes, had proclaimed like that way in his big scientific discovery.
While it might not be so big as the ones Archimedes had found, we have experienced many discoveries in our lives.   And, such discoveries in our own lives constitute the life values of ours, or even become important turning-points in our lives.

Now, there are some questions here.

  • What is the most meaningful discovery for your own life value?
  • What is the most important value of your own life?

At our weekly gathering on February 25th, we will share our own experiences of discovery or turning point, and exchange our views on important points of our own life values.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日のテーマ

2月18日のテーマは、「忘れられる権利」です。

「人の噂も七十五日」という言葉があるように、今までの人間社会の中では人々の薄れる記憶の中で過去の不都合な事実などが忘れ去られることができました。
しかし、コンピューターネットワークが社会生活に深く浸透した現代社会においては、電子的な記憶媒体の永続性がこの「忘れ去られる」ことを難しくしています。

社会の中で誰もが前向きに生きていくために、過去の不都合な事実を「忘れ去られる」権利を持つと考える声がある一方で、発信源が複雑多岐にわたる現代の情報ネットワークにおいて情報を削除することの難しさを指摘する声もあります。

NEFでは、電子記憶媒体が台頭する現代社会において「過去のプライバシー」をどう扱うべきなのか意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on February 18th is "The Right To Be Forgotten".

In the conventional society purely based on human network, the forgetfulness of our human brain helped us to have a social mechanism of erasing our bad memory (such as inconvenient privacy) from our community.
But, in the modern society highly based on computer network, the information electrically stored in the network are now preventing our ability to wash our bad memory away from our community.

Under such circumstances, a new concept of human rights so called “the right to be forgotten” or “the right to erase” is recently being focused on in the society.
This concept can be a help for the persons who are suffering from their own inconvenient privacy being scattered in the computer network.
But, this concept requires a delicate balance between two different human rights, freedom of expression and protection of privacy.

At our weekly gathering on February 18th, we will exchange our views on this new concept of human rights, with considering the balance between expression and privacy.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日のテーマ(講演会のお知らせ)

来る2月11日は南山大学にて教鞭を執られている八木エドワードさんをお招きし、「21世紀に日本の大学入学試験制度が乗り越えるべき課題」と題して講演頂きます。

20世紀後半、日本の大学は主要科目の筆記試験を主体とした画一的な選抜方式により優秀な学生の確保に努めてきました。
戦後の高度成長期を支える原動力として基礎学力を備えた人材が必要だった時代には、この大学入試制度は有効なものでしたが、21世紀に入り価値観の多様化が加速する中で、優秀な人材を受け入れるための仕組みとしては有効性が発揮できなくなってきました。

日本の大学に身を置くエドワードさんが、現状の日本における大学入試制度の問題点について鋭く切り込みます。
お楽しみに。

----------

At our weekly gathering on February 11th, we will invite a guest speaker, Dr. Edward YAGI, who is a professor of Nanzan University.

His speech theme is, "Japan's University Entrance Examination System:  OK for the 20th Century; Not So Much for the 21st".

In Japan, most universities adopt paper-based test on major subjects for entrance examination.
In the 20th century, this examination system was useful for screening good students who can contribute in the uniform value society.
But, in the 21st century, this system is now losing its effectiveness of screening good students who can contribute in the diversified value society.

In his presentation, he will show us the challenges required for Japanese universities now.

Join us, and enhance your perspective on the academic education in Japan.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月4日のテーマ

2月4日のテーマは、「公式文書における元号の扱い」です。

日本国内では行政機関へ提出する公式書類などは、ほとんどで「平成」などの元号表記形式を採用していますが、一般企業では利便性などから西暦を採用する会社が増えてきています。
天皇制とならび日本古来からの仕組みとして尊重する声がある一方で、改元により年数が不規則に積み重なってしまう不便さが実用性に欠けるという声もあります。 日常生活や経済活動の中で作成される書類において、日本らしい仕組みと実用性の両立をどのように図っていけばいいのでしょうか。

NEFでは、公式文書における元号の扱いについて検証し、元号制度のあり方について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on February 4th is "Usability of Japanese Regnal Year Regulation".

In Japan, we have a regnal year system with assigning a finite era name.  For example, 2017 in Gregorian calendar is “Heisei 29” in Japanese regnal year calendar.
For Japanese people, this system is the official calendar system continuously lasting in the long history. But, since it does not have arithmetic continuity in numbering because of the finite era segmentation, it is not so convenient for specifying a year.

In our business or our daily life, Gregorian calendar is more popular than Japanese regnal year calendar.
On the other hand, most of the official document to be submitted to administrations still adopt Japanese regnal year calendar.

At our weekly gathering on February 4th, we will pick up the merit and demerit of Japanese regnal year regulation in our society, and exchange our views on its usability .

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月28日のテーマ

1月28日のテーマは、「情報の洪水にどう対応するか」です。

高度に情報化がすすみ、膨大な量の情報が行きかう現代社会。 日常生活においても私たちは膨大な情報の洪水に晒されています。  
そんな膨大な情報は玉石混合で、役に立つ情報、役に立たない情報など様々です。 また、中にはその真偽さえ微妙な情報もあります。

私たちは、このような膨大な情報の中からどのようにして有益な情報を吸収し、どのようにして情報の洪水に対処すべきなのでしょうか。

NEFでは、高度情報化社会がもたらす情報の洪水の中で私たちが生き抜く術について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on January 28th is "How We Can Survive in the Flood of Information".

In the highly advanced information society, we are surrounded by enormous amount of information flowing in various channels. We spend our daily lives in such flood of information.

This flood contains not only useful information but also meaningless information and even fake or harmful information.
While it is not easy for us to extract only the useful ones out of the information flood, we need to do it in the nature of information society.

At our weekly gathering on January 28th, we will exchange our views and wisdom to survive in the flood of information.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月21日のテーマ

1月21日のテーマは、「安倍首相の真珠湾でのスピーチ」です。

太平洋戦争の端緒となった真珠湾攻撃から75年を経た昨年12月に、安倍首相が現役の日本国総理大臣として初めて真珠湾を訪問し、オバマ大統領と共に哀悼の意を捧げるとともにスピーチを行いました。

日本では安倍首相の真珠湾での演説は、日本国内では概ね好意的に受け取られていますが、アメリカ国民はこの演説をどのように捉えたのでしょうか。
ホワイトハウスが公表した安倍首相の演説内容英訳を読み解きながら、アメリカ側が汲み取った解釈など、ニュース報道からは解らない真意を考察するとともに、この安倍首相スピーチの歴史的評価や今後の日米関係に与える意義について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on January 21st is "PM Abe’s Remarks at Pearl Harbor".

Last December, Japanese prime minister Shinzo Abe visited Pearl Harbor in Hawaii and expressed condolence to all the victims of the war we experienced in 1940s.
In his speech after the memorial service, he expressed his remarks on the friendship and partnership which US and Japan have cultivated after the war.
Seventy-five years after the Pearl Harbor attack by Japanese military, he emphasized “the power of reconciliation”.

At our weekly gathering on January 21st, we will go into the details of his speech at Pearl Harbor, then exchange our views on his true message behind the speech and the historical meaning of his speech.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

参加費改定のお知らせ

本年より参加費を改定し、初めて参加される方と学生さんについては参加無料とすることになりました。
NEFの活動に興味がありましたら、ぜひお気軽に覗いてみてください。
参加大歓迎です。

活動内容について詳しくはこちらをご覧ください。

Ahand_4
NEFの活動紹介

----------

From this year, we temporarily cancel fee for first-time participation and student participation.
If you are a student or you’ve never joined our weekly gathering before, you can join our gathering for free.

Join us, and open your door to new perspective and new friendship across NEF!

For more details, see our web pages below.

Ahand_4
NEF Homepage

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEF事前勉強会のお知らせ(2017年1月14日)

来る1月14日、例会(講演会)開催前の13時から15時でNEF事前勉強会を開催します。
自由なテーマについて各自3分間のスピーチおよび他メンバーとの質疑応答を英語で行います。

これら活動を通して、英語を使ったコミュニケーション力のアップを目指しています。
(初めての方はオブザーバー参加も可能です。)

参加費は500円(NEFの例会にはそのまま参加可能)です。

「英語力をアップしたい」、「英語での発信力を高めたい」とお考えの方、ぜひご参加ください。

----------

初めての方はこちらもクリック

Ahand_4
NEFの活動紹介

Ahand_6
私たちNEFが英語を通して目指すもの

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2017年1月14日のテーマ(講演会のお知らせ)