2016年12月17日のテーマ

12月17日のテーマは、「カジノの合法化」です。

先日、カジノの合法化を含む統合型リゾート推進法案(通称IR法案)が衆議院で可決され、参議院に送られました。

ラスベガスやシンガポールなどにある統合リゾート施設のようにカジノが観光振興の柱になり得るという声がある一方で、従来の社会的価値観の中で「賭博」を是認することに躊躇する声も少なくありません。

NEFでは、今回の統合型リゾート推進法案の内容や外国の実例を検証しながら、日本国内における「カジノ」の合法化の是非について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on December 17th is "Legalization of CASINO"

In Japan, a legislation enabling casino gambling is now under discussion in a Diet session.
On December 6th, “Integrated Resort Bill” (so called “IR Bill”) including the legalization of casino has passed in the Lower House session.

IR Bill supporters are promoting the potential benefit of casino as a tourist attraction, with referring to some cases in foreign countries like Singapore or the US.
But, there are still strong oppositions against this bill, because of the potential concern about its negative impact (such as gamble abuse) in our society.

At our weekly gathering on December 17th, we will exchange our pros/cons views on the legalization of casino, with reviewing the details of IR bill being discussed in the Diet.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEF事前勉強会のお知らせ(2016年12月10日)

来る12月10日、例会開催前の13時から15時でNEF事前勉強会を開催します。
自由なテーマについて各自3分間のスピーチおよび他メンバーとの質疑応答を英語で行います。

これら活動を通して、英語を使ったコミュニケーション力のアップを目指しています。
(初めての方はオブザーバー参加も可能です。)

参加費は500円(NEFの例会にはそのまま参加可能)です。

「英語力をアップしたい」、「英語での発信力を高めたい」とお考えの方、ぜひご参加ください。

----------

初めての方はこちらもクリック

Ahand_4
NEFの活動紹介

Ahand_6
私たちNEFが英語を通して目指すもの

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月10日のテーマ

12月10日のテーマは、「年金改革」です。

先日、国会で年金制度改革法案が可決されました。

この年金制度改革法案の柱は年金支給額の抑制であり、与党側は高齢化社会において年金制度を維持していくために必要な措置であることを主張していますが、野党側は実質的な年金カット法案として強硬に反対しています。

これから更に進む少子高齢化社会において、必要な支給レベルを保ちつつ将来に向けて年金制度の財政的持続性を確保するには、どのような制度改革が必要なのでしょうか。
また、そのためには私たち個々はどのような痛みを甘受する必要があるのでしょうか。

NEFでは、今回の年金制度改革法案の中身と国会審議経緯を検証しながら、これからの年金制度のあり方について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on December 10th is "Pension System Reform".

On November 29th, the Lower House (in Japan) has approved a pension system reform bill including the reduction of pension benefit.

The rapid aging of population in Japan is now creating unhealthy financial balance of Japanese pension system.
To improve this balance, ruling parties and some opposition parties are supporting the gradual reduction of pension benefit.
But, some other opposition parties are now strongly opposing the benefit reduction as an easy solution.

In the long term, the financial balance of pension system will be getting more unhealthy, as a result of further acceleration of population aging.
But, in a short term, financial improvement requires us to accept some kind of pains such as pension benefit reduction.
From now on, how can we assure the sustainability of pension system with keeping the financial fairness over generations?

At our weekly gathering on December 10th, we will exchange our views on pension system reform, with reviewing its financial sustainability and its fairness over generations.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月3日のテーマ

12月3日のテーマは、「過重労働の解消策について」です。

ある大手広告代理店に勤めていた女性新入社員の自殺について労働基準監督署は過労による労災と認めたことをきっかけに、改めて過重労働の問題についてクローズアップされました。

日本では、安倍政権が「働き方改革の実現」を掲げ、民間レベルでもワークライフバランスの向上に取り組む企業がある一方で、長い勤務時間や、過酷な労働に「耐える」ことを「美徳」とする空気が残る企業も未だ数多くあります。

過労死といった悲劇を繰り返さないために、私たちの社会でどのように過重労働を解消していくべきなのでしょうか。
またその過重労働を解消するうえで、企業そして私たち個々はどのような取り組みが必要なのでしょうか。

NEFでは過重労働の解消策のあり方について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on December 3rd is "How we should prevent tragedy caused by workaholism ".

"Diligent", it might be one of the typical images symbolizing Japanese people
Generally speaking, Japanese people find important life vales in diligence.
But actually, workaholism driven by excessive diligence has sometimes created tragedies in Japanese society.

In December last year, a young female employee working for a major Japanese advertising firm had committed suicide as a result of extremely long overtime work under heavily stressful environment at her workplace.
This tragedy reminded us of the seriousness of unhealthy workaholism still remaining in Japanese society.

To eliminate this kind of tragedy caused by such unhealthy workaholism, we need social measures and personal level efforts to improve work-life balance.

At our weekly gathering on December 3rd, we will exchange our views on the necessary measures for solving unhealthy workaholism in our society, with considering the appropriate work-life balance.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEFホームページ開設20周年!

11月23日、NEFホームページが開設20周年を迎えました。

20年前のこの日、私たちNEFのホームページがその産声を上げました。   以来、ホームページへは、のべ12万を超えるアクセスがあり、そのつながりを通して数多くの方が実際にNEFの活動に参加されるきっかけになりました。

この20年の間にインターネットが様々に進化したように、私たちNEFのサイトもブログやFacebookなど様々な媒体に広がり、進化してきました。

これからもインターネットと共に、NEFウェブサイトも進化し続けます。 そして、私たちNEFの活動も更に広がって行きます。

今まで長い間ご愛顧ありがとうございました。
今後とももよろしくお願い致します。

Ahand_4
NEFホームページ

----------

On November 23rd 2016, NEF website marks its 20th anniversary.

In two decades since its original launch on November 23rd 1996, NEF web has welcomed more than 120 thousand visitors.
And now, we have wide dimensions of cyber communications, not only on conventional web pages but also on social media such as Blog and Facebook.

Triggered by such cyber communications on these NEF web channels, we have cultivated many precious friendships across the wide dimensions in the real world.
And now, our friendship network spreads not only in Nagoya area but also all around Japan and even all around the world.

NEF friendship network will continue to grow together with continuous IT network evolution.
Enjoy our NEF web sites.    And looking forward to seeing you in our friendship network.

Ahand_4
NEF Web

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEF事前勉強会のお知らせ(2016年11月26日)

来る11月26日、例会開催前の13時から15時でNEF事前勉強会を開催します。
自由なテーマについて各自3分間のスピーチおよび他メンバーとの質疑応答を英語で行います。

これら活動を通して、英語を使ったコミュニケーション力のアップを目指しています。
(初めての方はオブザーバー参加も可能です。)

参加費は500円(NEFの例会にはそのまま参加可能)です。

「英語力をアップしたい」、「英語での発信力を高めたい」とお考えの方、ぜひご参加ください。

----------

初めての方はこちらもクリック

Ahand_4
NEFの活動紹介

Ahand_6
私たちNEFが英語を通して目指すもの

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月26日のテーマ

11月26日のテーマは、「なぜトランプがアメリカ大統領に選ばれたのか?」です。

先日行われたアメリカ大統領選挙にて、共和党のトランプ候補が次期大統領に選ばれました。

ビジネスの世界で活躍するという異色の経歴を持つトランプ氏が唱えるた「Make America Great Again」という言葉に、多くのアメリカ国民が期待の一票を投じました。
しかし一方で、選挙期間中に、暴言ともいえる挑発的発言の数々がアメリカ国内のみならず国際社会の調和に不安定要因をもたらし、トランプ氏の大統領としての資質を疑問視する声も根強くあります。

この異色の大統領はどのようにして選ばれるに至ったのでしょうか。 また、この異色の大統領によりアメリカ社会、そして国際社会はどう変わるのでしょうか。

NEFでは今回のアメリカ大統領選挙を総括すると共に、今後のトランプ政権の行方を占います。

----------

The topics of weekly gathering on November 26th is "Why people chose Trump?".

In the recent US Presidential election held on November 8th, the republican nominee, Donald Trump, was elected the next President.

During the election campaign, many people were attracted to the phrase “Make America great again” emphasized by Trump having an outstanding career in business field.
But, at the same time, many people are seriously concerned about the insufficiency of Trump’s quality and nature (as a political leader) behind his extreme remarks during the campaign.

At our weekly gathering on November 26th, we will review the reason why US people chose Trump as the next President, and exchange our views on the future of the United States lead by the new President.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月19日のテーマ

11月19日のテーマは、「天皇陵の発掘調査をすべきか」です。

歴代天皇の陵墓として認められた「天皇陵」は、全国に112基あり、これらはすべて宮内庁により厳密な管理がされ、研究者などによる自由な発掘調査が認められていません。

学術研究の対象として自由に調査することを認めるべきだと言う声がある一方で、これら陵墓では現在も宮中祭祀などが行われおり信仰の対象であることから、発掘調査を制限することに理解を示す声もあります。

NEFでは、この「天皇陵」の発掘調査が認められていない背景について考察しながら、天皇陵発掘調査の是非について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on November 19th is "Excavation in Mausoleums of Japanese Emperors".

In Japan, there are so many mausoleums of emperors especially in Kansai area.
In those mausoleums, archaeologists are not allowed to perform excavation, since those mausoleums are protected by the Imperial Household Agency in Japan.

From scholarly standpoints, excavational investigation in those mausoleums are quite useful for scientific research in history.
But, the Imperial Household Agency is now hesitating to make those mausoleums open to archaeologists, since those mausoleums are used for the place of worship by the imperial families.

At our weekly gathering on November 19th, we will exchange our views on the necessity of excavational investigation in mausoleums of Japanese emperors, with considering the background situation behind the IHA’s hesitation.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月12日のテーマ

11月12日のテーマは、「中国との外交関係を維持するために必要な取り組み」です。

中国はここ20年で急速に成長し、今や国際社会の中でも非常に強いプレゼンスを示すようになりました。
この中国の急激な強大化を背景にした中国の強硬な政治姿勢は、領土問題の急速な深刻化など周辺国との軋轢も生み出しています。

アジアの周辺国のみならず、世界各国にとって、この強大な国は外交的には脅威である一方で、経済的には緊密な結びつきを持つ不可欠なバートナーであり、難しいかじ取りが求められています。
国際社会が中国と建設的な関係を維持していくためには、どのような配慮が必要なのでしょうか。

NEFでは、中国の強硬姿勢の背景を考察しながら、今後の中国との関係のあり方について、外交関係を中心にして多方面的に意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on November 12th is "How we should maintain diplomatic relationship with China".

In those two decades, China has gained its strong power in the world economy and its strong presence in international society.

In economy, China is one of the most important partner for not only East Asian countries but also any country in the world.
But, on the other hand, some countries especially in East Asia (including South East Asia) are hesitating to China's aggressive stance in diplomacy, especially for territorial disputes.

Now, at our weekly gathering on November 12th, we will exchange our views on how we should go along with China, with considering points.

  1. What is the background behind the current situation where China has been expanding her hegemony to neighboring countries ans causing conflicts?
  2. How international society can discourage China from being their aggressive stance in diplomacy?
  3. How Japan should contribute international society for discouraging China?

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月5日のテーマ

11月5日のテーマは、「北方領土問題に関する日露交渉」についてです。

旧ソ連時代を含めて戦後70年以上に渡り、ロシアとの間には北方領土問題が存在し、日ロ関係の正常な発展を阻害する要因となってきました。
一方で、近年の安倍政権下での対ロシア積極外交により、プーチン大統領との良好な関係の中で、この北方領土問題の解決が期待されるようになってきています。

しかし、この北方領土問題は、先の大戦の終戦タイミング認識の違いからくる帰属解釈の相違や、4島周辺の漁業資源を巡る利害関係の相反といった日ロ間の大きな隔たりに加えて、既に長年入植しているロシア人への処遇など一朝一夕では解決しえない難しい課題を多数包含しています。

日本は、このような難しい課題を数多く抱える北方領土問題についてどのようなスタンスで外交交渉に臨み、この問題の平和的解決と発展的な対ロシア関係を構築していくべきなのでしょうか。

NEFでは、北方領土問題に関する日露交渉のあり方について意見交換します。

----------

The topics of weekly gathering on November 5th is "Diplomatic Negotiations Concerning Kuril Isands Dispute beween Japan and Russia".

For more than 70 years since the end of World War II, there has been a territorial dispute between Russia and Japan, so called "Kuril Islands Dispute" (known as "Northern Territory Dispute" in Japan).

In this territorial dispute, Japan and Russia are insisting territorial rights over the four South Kuril Islands (Iturup, Kunashir, Shikotan, and Habomai rocks).
This territorial dispute has been a bottleneck in improving the bilateral relationship between Japan and Russia.

Now, recently under Abe ministration,  Japanese government restarted the diplomatic negotiation talks with Russian governement for solving this territorial dispute and establishing a good partnership in devlopping North East Asia.
But, since there are some huge interpretation gaps between Japan and Russia concerning the historical background of those four islands,  the negotiation for solving this territorial dispute is not easy for both countires.

At our weekly gathering on November 5th, we will exchange our views on this diplomatic negotiation for Kuril Islands dispute, with reviewing the current bilateral relationship between Japan and Russia.

----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2016年10月29日のテーマ